【レビュー】ホワイトショットCXSNで“濁り”ケア!ポーラの美白美容液を使ってみた感想。

投稿日:2021-05-01 更新日:

こんにちは!

出会えて良かった!をお手伝いするコスメ仲人「ひまさん(@hima_saaan)」です。

今回は、ポーラの美白*美容液『ホワイトショット CXS N』を紹介。

ずっと使い続けているお気に入りの美白*美容液がリニューアルされると聞いてワクワク♪

「メラニン濁り」「糖化濁り」に加え、新たに「血管濁り」にもアプローチする美白*美容液に生まれ変わりました。

メラニンや糖化に関しては何となく分かるものの、「血管と美白*って関係あるの?」と思った人も多いはず。

ポーラの研究によると、年齢を重ねるごとに感じる肌全体のくすみは血管に原因があるんだそう。

そんな3つの固着化した「濁り」に働きかけるポーラオリジナル成分を配合したのが『ホワイトショット CXS N』です。

みずみずしいテクスチャーでベタつかないし、香りや刺激に敏感な人でも使いやすい設計。

リッチなお値段ですが、値段以上の価値があると自信をもっておすすめできる美白*美容液です。

というわけで今回は、ポーラの美白*美容液『ホワイトショット CXS N』をレビューしたいと思います!

*この記事での「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

こんな人はチェック!

  • 最近顔が疲れて見える
  • 歳をとるにつれて肌がどんよりしてきた
  • 明るく透き通ったような肌になりたい

私はこんな肌質

  • インナードライ(乾燥すると皮脂が出やすくなる)
  • Tゾーンだけでなく顔全体がテカリやすい
  • 花粉、生理周期、ストレスなどで肌がゆらぎがち
  • 海外コスメは肌に合わないことが多い

目次

『ホワイトショット CXS N』の総合評価は★4.0

※スマホでご覧の方は、横画面にすると以下の表が読みやすいです。

5段階評価 一言コメント
求める効果の期待度 ★★★★★ 研究結果に基づいた「メラニン濁り」「糖化濁り」「血管濁り」にアプローチする成分が配合されている。ポーラ独自開発の美白*有効成分“ルシノール®”のアップグレード版が配合されている点も期待大。
使用感 ★★★★★ 手に出した瞬間は少しトロッとしているものの、広げると同時にパシャッと弾けるようになじむ。ベタつかず心地よく使える。
続けやすさ
(値段・入手先)
★★ 25mlで16,500円(税込)。美容にある程度お金をかける余裕がある人向き。
使い方の分かりやすさ ★★★★★ 化粧水で肌を整えたあと、顔全体になじませるだけ。
使いやすさ
(パッケージ・デザイン)
★★★★ ポンプタイプで片手で使える。キャップ付きで持ち運びしやすい。リニューアル後はポンプ部分が黒色→黄色に変わった点が残念。
お得度
(特典・サービスの有無)
★★★ 定期的に無料サンプルがもらえるキャンペーンあり。1,100円(税込)安いリフィルがあり、2回目以降は少しお得。

『ホワイトショット CXS N』をレビュー

スリムなポンプタイプのボトル

キャップ部分にロゴが入ったホワイトボトル。

リニューアル前に比べると、だいぶスリムに。

内容量は

  • 通常サイズ⇒本体:25ml/リフィル:25ml
  • ラージサイズ⇒リフィル:50ml

です。

※数量限定でエクストララージ リフィル(75ml)が発売中。

ボトルはポンプ式⇩

うーん・・・。

なぜここだけ黄色なんだろう。

リニューアル前の黒色のままが良かったなぁ。

モノクロにこだわりのある人や黄色が見えるのは嫌という人は、キャップを付けたまま保管するしかなさそう。

全配合成分

有効成分には

  • 4-n- ブチルレゾルシン(ルシノール®)
  • アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)

の2つを配合。

ルシノール®とは?

シベリアのモミの木から抽出した、ポーラ独自開発の美白*有効成分。

アミノ酸の一種であるチロシンとメラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの合体を防ぎ、シミ・そばかすの原因となるメラニンを作らせないように働く。

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCの欠点である吸収性や安定性の問題をクリアした成分。

抗酸化・色素沈着抑制・抗炎症など様々な働きをする。

有効成分以外の上位6つを見てみると、

  • BG(角層水分量増加による保湿・防腐補助・溶剤)
  • エタノール
  • グリセリン(角層水分量増加による保湿・保水・溶剤・温感付与)
  • PEG-8(保水・溶剤)
  • グリチルリチン酸2K(抗炎症)

とあります。

エタノールの配合量が全体的に多めなので、敏感は人はご注意を。

参考:化粧品成分オンライン

アスコルビン酸2-グルコシドの効果は期待しにくい

グルコシドタイプのビタミンC誘導体とは、ビタミンCにグルコース(糖)を組み合わせたもの。

人の皮膚には糖をほどいてビタミンCに変換できる酵素がほどんどないため、ビタミンCに変換できずそのまま排出されてしまいます。

 

化粧水のあとになじませるだけ

使い方は

  1. 化粧水で肌を整えたあと、顔全体またはシミ・そばかすが気になる部分にやさしくなじませる
  2. 手のひらをこすって少し温めてから、顔全体を包み込むようにして密着させる
  3. いつものスキンケアをする

の3ステップです。

使用量の目安
全顔で2プッシュ、気になる部分に1プッシュ。

“とろパシャ”でベタつかない

手に出した瞬間のテクスチャーは、ジェルのような少しとろみのある感触

ちなみに、リニューアル前は手にとった時点からサラサラなテクスチャーでした。

とろみがあるとベタつくのでは?と思いきや、意外とみずみずしい。

一旦塗り広げてしまえば、サラサラなテクスチャーと変わらないさっぱりとした使い心地です。

無香料・無着色なので、香りにこだわりがあったりお気に入りの香りのスキンケアアイテムと併用したい人にも使いやすそう。

\年中使える“とろパシャ”テクスチャー/

『ホワイトショット CXS N』を使ってみた感想

鏡に映る顔色が明るく見えるようになった

元々、ポツポツとシミができるより顔全体がどんよりして見えやすい肌質。

今のところ大きなシミに悩まずに済んでいるのは日々のケアのおかげかなと思いつつも、年々全体のどんより感が気になるようになり。

リニューアル後の「血管濁り」へのアプローチに期待して使い続けてみたところ、気付けば鏡に映る顔色が明るく見えるように。

私の体内にはリポフスチンがたまっていたのかも・・・と思うと恐ろしい。。。

正直コスパが良いとは言えないですが、ピンポイントのシミよりも肌全体のどんより感が気になっている人にはぜひとも使ってみてほしい美白*美容液です!

どんなスキンケアアイテムとも併用しやすい使用感が良かった

手に出した直後はリニューアル前に比べて粘度のあるテクスチャーなんですが、肌に伸ばすとパシャッと弾けるようになじんでくれるのでさっぱりとした使用感は変わらず。

肌表面がベタベタしたりヌルヌルしたりすることもなく、そのまま次のステップに進めます。

なんならスマホも使えるくらい。(衛生面的には非推奨)

美容液って、ブランドならではの香りが付いてることが多いじゃないですか。

例えば、ターンオーバー用・シミケア用・シワケア用と複数の美容液を使いたくても、それぞれの香りがぶつかってせっかくのリラックス感が台無し・・・なんてこともあったり。

『ホワイトショット CXS N』は無香料なので、お気に入りの香りを邪魔することなく併用することが可能

小さなことだけど、意外と見過ごせない部分。

香りにこだわりがある人でも取り入れやすい美白*美容液です。

刺激感もなく毎日使い続けられた

そこまで刺激を感じやすい肌質ではありませんが、季節の変わり目や体調によって荒れやすい肌質。

花粉シーズンでも急に暑くなったり寒くなった日でも、いつもと変わらず使い続けることができました。

エタノールに敏感な人は注意

成分表示表を見ると3番目にエタノールの記載があるので、配合量は多め。

季節の変わり目や体調によって時々肌の調子が不安定になる、くらいの肌質の私は大丈夫でしたが、エタノールに敏感な人はサンプルなどで確かめてみてからの方がいいかも。

ボトルがスリムになって保管しやすくなった

今までのころんとしたフォルムも可愛くて良かったんですが、新しくなったこのスリムな形状もスタイリッシュで好き。

スリムになったことで保管しやすくなったのも結果的に良かったです。

ただ、ポンプ部分の黄色がデザイン的にマイナスポイント。

フレッシュなイメージを推しているのかもしれないですが、リニューアル後も白×黒のデザインのままであってほしかったです。

気軽にリピートできる値段ではない

本体(25ml)が16,500円(税込)で、リフィル(25ml)が15,400円(税込)。

ラージリフィル(50ml)が27,500円(税込)です。

朝・晩使って約2ヶ月分なので、本体だと約1ヶ月分で8,250円換算。

デパコスの美容液の相場はだいたい1万円前後なので、それほど高くはないお値段。

2ヶ月分を先にまとめて買うようなもの、と考えることもできます。

ただ、1回で出ていく金額が決して安いわけではないので気軽にリピートできるとも言い難いです。

「ポーラの渾身の研究成果が詰まった美容液だし、納得できる金額!」と思えるか、「さすがに高い・・・。」と感じるか。

美容にかけられるお金は人それぞれですし無理におすすめすることはできませんが、予防すること以上に一旦進行してしまった状態を戻すことは時間もお金もかかる、ということはお忘れなく。

頑張って使ってみたい!という人へ

そんなに予算はかけられないけど使ってみたいという人は、今使っているスキンケアアイテムを見直してみましょう。

例えば

  • 他のデパコス製品をプチプラに変えてみる
  • 乳液とクリームの併用が本当に必要か考えてみる
  • 使い続けようか迷っているものは思い切ってやめてみる
  • 効果効能がかぶっているアイテムがないか見直してみる

など。

不要なアイテムが出てきたりプチプラに置き換えられるものがあれば、予算に余裕が生まれます。

\選べるサンプルセットがもらえる!/

他の口コミはどう?

 

 

 

 

 

肌に合わなかった・よく分からなかったという声も中にはありますが、全体的には色ムラや乾燥くすみケアに満足している人が多めな印象でした。

『ホワイトショット CXS N』はこんな人におすすめ!

  • 最近顔が疲れて見える
  • 歳をとるにつれて肌がどんよりしてきた
  • みずみずしいテクスチャーが好き
  • スキンケアは無香料を選びたい
  • 明るく透き通ったような肌になりたい

という人におすすめです。

気軽に手にとれるお値段ではありませんが、一度使えば良さが分かる美白*美容液。

「血管濁り」ケアに興味がある人はぜひ!

\エクストララージ リフィル(75ml)が限定発売中!/

『ホワイトショット CXS N』開発までの経緯

ポーラが着目したのは「固着化した色の濁り」

「美白*ケアをしているのに、年齢とともに定着した暗い色や濁りを感じる。」

そんな多くの声に着目し、研究をスタート。

固着化した濁りの原因は“リポフスチン”が血管内皮細胞にとどまること

リポフスチンとは?

生まれて3ヶ月くらいから徐々に体の中に出てきて、歳をとるにつれて増えていく老化色素のこと。

このリポフスチンが血管内皮細胞にとどまることで、固着化した濁りの原因に。

血管内皮細胞は生まれ変わりが非常に遅い

身体を構成する細胞や組織には、ターンオーバーという一定の周期で新しく生まれ変わる機能が備わっています。

ですが血管の内側にある血管内皮細胞は、生まれ変わりが非常に遅い。

リポフスチンが血管内皮細胞にこびりつくと、血管そのものがよどんで見えてしまいます。

すると血管に流れる血液もドス黒く見える=結果顔全体がくすんで見えるというわけです。

しかもそれだけではなく、このリポフスチンが血管内皮細胞に多いと血流が低下。

血流が低下すれば隅々まで血液が行き届かず、これもまた顔色がくすんでしまう原因に。

『ホワイトショット CXS N』は固着化した3つの「濁り」にアプローチする薬用美白*美容液

老化色素“リポフスチン”を分解除去する成分を新配合

そんなリポフスチンを分解して作らせないようにする成分が、“オウゴンエキス”と“アサガオカラクサエキス”

オウゴンエキスとは?

中国北部から東シベリア、朝鮮半島原産。

東アジア各地に栽植されるコガネバナの根から採取され、古くから漢方や生薬として利用されている。

アサガオカラクサエキスとは?

中国の広西、広東、福建などに分布しているアサガオカラクサの地上部から抽出したもの。

女性ホルモンの働きを高めることが知られている。

このオウゴンエキスとアサガオカラクサエキスの複合エキスがリポフスチンを分解除去することで、血管のよどみをなくし隅々まで血液を行き渡らせて透明感のある肌へと導いてくれます。

参考:血管がくすむ原因物質「リポフスチン」を除去するエキスを発見

メラニン濁りには“ルシノール®EX”がアプローチ

ホワイトショットのキー成分でもある“ルシノール®EX”。

ルシノール®EXとは?

ポーラ独自開発の美白*有効成分“ルシノール”と“ビタミンC誘導体”に、“マジョラムエキス”・“クジンエキスクリア”・“ショウキョウエキス”を加えたポーラオリジナル複合成分。

ビタミンC誘導体とは?

抗酸化作用・色素沈着抑制・抗炎症作用など様々な働きをする、浸透性に優れたビタミンC。

ルシノール©とは?

シベリアのモミの木から抽出された、ポーラ独自開発の美白*有効成分。

アミノ酸の一種であるチロシンとメラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの合体を防ぎ、シミ・そばかすの原因となるメラニンを作らせないように働く。

つまり、ルシノール®EXはルシノールの進化バージョン

このルシノール®EXがメラニン濁りにアプローチしてくれます。

糖化濁りには“YACエキス(ヨモギエキス)”と“レンゲソウエキス”がアプローチ

黄ぐすみの原因とされる糖化。

糖化とはタンパク質や脂質が体内の糖と結びつく現象のことで、AGEsという肌の老化を促す物質を作り出します。

AGEsとは?

肌深部の真皮に存在するものと、角層に存在するものの2種類がある。

真皮に存在するAGEsは肌の弾力性や黄色化(黄ぐすみ)に影響、角層に存在するAGEsは肌のキメに影響を与える。

角層のAGEs量は年齢とは関係がなく、年齢以外の要因が影響している可能性が示唆されている。

参考:肌の糖化に新たな知見

この糖化によって作り出されるAGEsに働きかけるのが、ポーラオリジナル成分の“ヨモギエキス”と“レンゲソウエキス”!

ヨモギエキスは真皮のAGEsを除去、レンゲソウエキスは角層のAGEsを減らす作用を持ってることから、糖化濁りにアプローチしてくれます。

肌のキメの乱れにもアプローチできる!

レンゲソウエキスが角層のAGEsを減らし、肌のキメの乱れにアプローチ。

美白*ケアと同時に美肌の土台ケアができるのも嬉しいポイント。

無香料・無着色・アレルギーテスト済み*¹

合成香料や合成着色料は不使用。

アレルギーテスト済み*¹です。

*¹全ての人にアレルギーが起こらないというわけではありません

メラニン濁り・糖化濁り・血管濁りにアプローチして明るい肌印象へ

  • ルシノール®EX
  • YACエキス(ヨモギエキス)&レンゲソウエキス
  • オウゴンエキス&アサガオカラクサエキス

が、メラニン濁り・糖化濁り・血管濁りにアプローチして明るい肌印象へ。

最新の研究成果がギュッと詰め込まれた、ホワイトショット渾身の美白*美容液です。

\送料無料キャンペーン中!/

ポーラの新作情報を随時発信中!

ポーラは大好きなブランドなので、常に新作はチェック。

ちなみに2022年は、ホワイトショットシリーズから集中美白*美容液とタブレット美白*クリームがリニューアル発売、B.Aシリーズから“糖化汗”に着目した新作化粧水目もと印象を左右する表情筋「眼輪筋」にアプローチする新作アイクリームが、2023年はプロテイン配合美容液が発売されます!

-スキンケアアイテム, レビュー, 美白ケア

Copyright© 30代主婦の美容Diary , 2022 All Rights Reserved.