2022年夏 気になるコスメの新作情報

HAKU(ハク)からサプリメントが登場!発売日や通販など気になる内容詳細について

投稿日:2022年4月7日 更新日:

HAKU(ハク)から、インナーケアができる『美容サプリメント』が発売されます!

HAKUといえば、資生堂の大人気美白*ケアブランド。

2021年3月には美容液のメラノフォーカスZがリニューアル発売されて話題になりましたよね(^^)

そんなHAKUから発売される『美容サプリメント』は、L-シスチンとビタミンCをダブルで配合したサプリメント

HAKUでシリーズ使いすれば、より心強い紫外線対策ができそう(*´艸`*)

というわけで今回は、HAKUから発売される『美容サプリメント』の

  • 特徴などの内容詳細
  • 発売日と値段
  • 販売店舗や通販情報

について紹介したいと思います!

*この記事での「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

『HAKU 美容サプリメント』の内容詳細

 

この投稿をInstagramで見る

 

HAKU(@haku_shiseido)がシェアした投稿

特徴

内側からの輝きを引き出すサプリメント。

7つの厳選成分を配合し、本来もっている輝く力を引き出してくれます(^^)

配合成分

  • L-シスチン(30mg)
  • ビタミンC(400mg)
  • モリンガ末(50mg)
  • ブライトニングパイン®(30mg)
  • L-アスコルビン酸 2-グルコシド(100mg)
  • 百合末(10mg)
  • グルコサミン塩酸塩(10mg)

が配合されています。

※3粒あたり。

L-シスチンとは?

アミノ酸の一種。

モリンガとは?

「奇跡の木」とも呼ばれる植物。

ポリフェノールやギャバなどを豊富に含む。

ブライトニングパイン®とは?

強い太陽光を耐え抜き育ったパイナップルから抽出したセラミド。

L-アスコルビン酸 2-グルコシドとは?

ビタミンC誘導体の一種。

使用方法

1日3粒を目安に、水などと一緒に飲むだけです。

発売日と値段

発売日は2022年5月21日(土)

値段は90粒・約30日分:5,400円(税込)です(*^^)v

販売店舗や通販情報

実店舗であれば、HAKUの取り扱いがあるドラッグストアやバラエティショップなどで購入可能です(*^^)v

通販であれば、

\1点からでも送料無料!/

ワタシプラス

\毎月1~4日は10%ポイント還元!/

アットコスメショッピングicon

\PayPay払いがお得!/

LOHACO

にて購入可能です(*^^)v

販売が開始されたらスムーズに購入できるよう、事前に会員登録を済ませておきましょう。

各サイトをお気に入り登録(ブックマーク)しておくとよりスムーズです(^^)v

発売日が近づいてくると販売ページが更新されるので、購入を検討している人は定期的にチェックしておくことをおすすめします(^o^)/

美容液と日焼け止めで外側からの美白*ケアも忘れずに

メラノフォーカスZ

 

この投稿をInstagramで見る

 

HAKU(@haku_shiseido)がシェアした投稿

ダブルの美白*有効成分で根本原因に働きかけ、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ美白*美容液。【医薬部外品】

主な特徴

  • 美白*有効成分“4MSK*¹”と“m-トラネキサム酸*²”を配合
  • “Zカット複合体*³”がうるおいを与えて肌環境を整える
  • 美白*有効成分を肌奥まで効かせ届ける『液晶ゲルクリーム処方』を採用
  • 乾燥や肌荒れを防ぐ

*¹4-メトキシサリチル酸カリウム塩
*²トラネキサム酸
*³オトギリソウエキス、イチヤクソウエキス、トルメンチラエキス、グリセリン

4MSKもm-トラネキサム酸も、美白*有効成分の代表格。

4MSKとは?

サリチル酸の誘導体で、資生堂の独自開発成分。

メラニンを生成する酵素(チロシナーゼ)の活性を抑え、メラニン生成を抑制する。

シミの部位で起きている慢性角化エラーに作用し、たまったメラニンを排出する。

参考:資生堂シミ予防研究所

慢性角化エラーとは?

表皮が生まれ変わる過程が乱れている状態のこと。

通常であれば肌の生まれ変わりとともに肌表面へ押し上げられて垢となって自然にはがれ落ちるメラニンが、肌の中で逃げ場を失って絡みつき消えないシミとなる。

参考:資生堂シミ予防研究所

トラネキサム酸とは?

資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

シミ部位の慢性微弱状態に作用し、メラニンを生成する細胞メラノサイトの活性化を抑制する。

※抗肌あれとしての効果もあるため、資生堂ではメラノサイトの活性化を抑制する成分としては“m-トラネキサム酸”という名称を使っている。

参考:資生堂シミ予防研究所

慢性微弱炎症とは?

「日やけはもとに戻るのに、シミが消えないのはなぜか」という疑問に資生堂が導き出した新知見。

シミ部位の皮ふ組織の観察から、シミ部分は弱い炎症状態になっており、紫外線を浴びなくてもつねにメラノサイトが活性化されメラニンの過剰生成が続いていることが分かった。

参考:資生堂シミ予防研究所

マイナスイオンを帯びた4MSKとプラスイオンを帯びたトラネキサム酸が引き合うことで、シミのもとに早く深く届いてくれます(^^)v

4MSKはたまったメラニンの排出も促してくれるので、美白*ケアの心強い味方!

下地やフェイスパウダーなどのベースメイクアイテムでも取り入れると◎。

\外容器付きトライアルサイズあり/

公式サイト⇒【メラノフォーカスZ】

メラノフォーカスUV

 

この投稿をInstagramで見る

 

HAKU(@haku_shiseido)がシェアした投稿

ダブルの美白*有効成分を配合した、SPF50+/PA++++の日中美白*美容液。【医薬部外品】

主な特徴

  • 美白*有効成分“4MSK*¹”と“m-トラネキサム酸*²”を配合
  • 保湿成分“Wデイエフェクター*³”を配合
  • ファインレッドパールαによる光の反射でシミや色ムラをカバー
  • 化粧下地としても使える
  • 無香料
  • ニキビのもとになりにくい処方*⁴・アレルギーテスト済み*⁴

*¹4-メトキシサリチル酸カリウム塩
*²トラネキサム酸
*³エクトイン、サンショウエキス、グリセリン
*⁴全ての人にニキビができない・アレルギーが起こらないというわけではありません

美白*美容液と同じ2種類の美白*有効成分を配合。

朝晩はメラノフォーカスZでケア、日中はメラノフォーカスUVでケアすれば強固なシールドに(*´艸`*)

\なくなり次第終了!特典付き/

公式サイト⇒【メラノフォーカスUV】

メラノフォーカスF

 

この投稿をInstagramで見る

 

HAKU(@haku_shiseido)がシェアした投稿

シミをカバーしながら美白する、SPF30/PA+++の薬用美白*美容液ファンデーション。【医薬部外品】

主な特徴

  • 美白*有効成分“4MSK*¹”を配合
  • 整肌・保護成分“Vカット複合体*²”を配合
  • うるおいを持続させる“Sヒアルロン酸”を配合
  • ファインレッドパールでシミや色ムラを目立たせない
  • ブルーライトカット
  • 全4色展開

*¹4-メトキシサリチル酸カリウム塩
*²トルメンチラエキス、イチヤクソウエキス、グリセリン

メラノフォーカスZ・メラノフォーカスUVと同様、メラニン生成を抑えつつたまったメラニンの排出も促す4MSKを配合。

強力な紫外線から肌を守りつつ肌荒れケアもしたい場合はメラノフォーカスUV、シミをしっかりカバーしたい人はメラノフォーカスFがおすすめです(*^^)v

公式サイト⇒【メラノフォーカスF】

できてしまったシミは医薬品で緩和ケアができる!

有効成分が配合された美白*美容液などのスキンケアアイテムは、あくまでシミ・ソバカスを『防ぐ』ためのもの。

予防であって治療ではありません。

シミの治療となるとレーザー治療が一般的ですが、通院する手間や高額になりがちな費用を考えると即決しづらいですよね。

そして何より、痛みやダウンタイムの期間も気になります。

「痛みやダウンタイムを気にせず、無理なく続けられるシミケアがしたい。」

そんな人におすすめなのが飲む医薬品

医薬品は、効果効能が認められた治療目的のもの。

有効成分を最大量配合できるため、効果が期待できます(^^)v

シミケアの代表成分でもあるビタミンCは、熱や光に弱く分解されやすいので毎日摂取することが大切

なのでビタミンC補給剤として摂取するのもおすすめです(*^^)v

できてしまったシミは消えない?シミを緩和する医薬品での対策を紹介

まとめ

以上、HAKU (ハク)から発売される美容サプリメントの内容詳細と通販情報についてでした!

参考になれば幸いです(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

-2022年夏, 気になるコスメの新作情報

Copyright© 30代主婦の美容Diary , 2022 All Rights Reserved.