30代主婦の節約×美容Dairy

コスメやスキンケアのおすすめ情報、日常生活における節約術などを発信しています(^^)

未分類

新社会人の一人暮らしに必要な家電リスト!主婦目線の後悔しない選び方を紹介♪

投稿日:

初めての一人暮らしって何だかワクワクしますよね( *´艸`)
学校を卒業して新社会人になると同時に一人暮らしをする、という人も多いのではないでしょうか(^^)

一人暮らしに必要な準備といえば家電選び(; ・`д・´)o
冷蔵庫・洗濯機・電子レンジなど、揃えておきたい家電はたくさんあります。

最近では『新生活家電セット』といった家電一式をまとめて購入できる機会も増えてきました(^^)
ですが主婦目線で言わせてもらうと、家電は一つずつ選んだ方が良いです。

一つずつ揃えるよりまとめて買った方が楽だし費用的にもお得なんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。

ですが

  • なるべく自炊をする予定
  • 効率的に家事を済ませたい
  • 無駄な出費を抑えたい

という人にはセット購入はおすすめしません(; ・`д・´)o

というわけで今回は

『新社会人の一人暮らしに必要な家電と主婦目線の選び方』について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

【アドセンス】

"どんな生活を送りたいか"で必要な家電は変わる

まず最初に伝えておきたいのは、冒頭でも触れた通り今回私が紹介する家電は

  • なるべく自炊をする予定
  • 効率的に家事を済ませたい
  • 無駄な出費を抑えたい

と思っている人におすすめする家電であるということ。

  • 自炊はせず外食やコンビニ弁当で済ませる
  • 洗濯はクリーニング店に任せる
  • 掃除はロボット掃除機にやってもらう

という人には残念ながら参考にならない内容かと思うので、このままブラウザバックをして頂ければと(´・ω・`)

『仕事をしながら家事も家計のやりくりも自分でしっかりやって快適な生活を送りたい』という人にぜひチェックしてほしいなと思います(*´▽`*)

 

新社会人の一人暮らしに必要な家電とは?

新社会人として初めて一人暮らしをするにあたって必要な家電は

  • 冷蔵庫
  • ガスコンロ
  • 電子レンジ
  • オーブントースター
  • 炊飯器
  • 電気ケトル
  • 洗濯機
  • アイロン(スチーマー)
  • エアコン
  • 照明器具
  • 掃除機
  • 布団クリーナー

の計12点。

「えっそんなに必要なの(゚д゚)!」ってかんじですよね(´・ω・`)
ですが新社会人は仕事に慣れることでしばらくは精一杯になるので、なるべく家事負担を減らすようにすることも重要なんです(; ・`д・´)o

冷蔵庫の選び方

選び方のポイントは

  • 容量が300~349Lでドア数が3つ以上
  • 扉が片開きタイプ
  • 冷凍スペースが広い

の3点。

容量が300~349Lでドア数が3つ以上

一人暮らしの冷蔵庫だと、一般的には300以下の容量を勧められることが多いかと思います。
ですが自炊をするのであればワンサイズ上のものを選ぶことをおすすめします(; ・`д・´)o

というのも、日中仕事をしていると毎日買い物に行くのはなかなか困難。
時間のある時にまとめて買うことが多くなるので、少し余裕を持った容量にしておくと安心です(*^^)v

おすすめ記事⇒『まとめ買いが食費の節約になる4つの理由』

ただし、一人暮らし向けの部屋はスペースが限られている場合が多いので、設置が可能か事前に確認しておくことも忘れずに(; ・`д・´)o

ドア数が3つ以上というのは、冷蔵・冷凍・野菜室がそれぞれ独立しているということ。
食材に適した温度で保存することで鮮度が保たれるので、消費ペースが遅くなりがちな一人暮らしでも無駄にしにくくなります(^^)

おすすめ記事⇒『期限内に使い切れない!食材を無駄にせず上手く使い切る7つのコツ』

2ドアタイプのものもありますが、少なくとも野菜室がある3ドアタイプを選ぶようにしましょう(^^)

扉が片開きタイプ

冷蔵庫には左右どちらかもしくは両サイドから開閉可能な片開きタイプと、真ん中から左右に開く観音開きタイプがあります。

使う人の好みによって分かれるかもしれませんが、私個人の意見としては片開きタイプがおすすめです(^^)/

というのも、

  • 開閉が片手でできる
  • 全体を見渡せて食材の在庫が把握しやすい

から(*´▽`*)

観音開きでも片手でやろうと思えばできますが片開きに比べるとやりにくいですし、反対側に取り出したいものがある場合はもう一方の扉を開ける手間がかかります(ノД`)・゜・。

  • 開閉の手間をなるべく省きたい
  • 食材を無駄なく効率的に使い切りたい

という人に片開きタイプはおすすめです(^^)

冷凍スペースが広い

一人暮らしの自炊は冷凍機能の活用が基本!
まとめ買いをした食材の鮮度をより長く保つ為に冷凍機能は欠かせません(; ・`д・´)o

まとめ買いをした肉や魚はもちろん、まとめて炊いて小分けしたご飯など冷凍しておきたい食材はたくさんあるので、なるべくスペースが広いものを選ぶようにしましょう(^^)

ガスコンロの選び方

自炊をするならガスコンロは必需品!
部屋によってはすでにキッチンに備え付けられていることもあるので、お部屋探しの際に確認してみて下さい(^^)
その際にはプロパンガスなのか都市ガスなのかの確認もお忘れなく(; ・`д・´)o

もし自分で用意しなければならない場合は、口数が2つ以上のテーブルコンロがおすすめ(^^)/

一人暮らしなら一口タイプのカセットコンロで十分じゃないの?と思うかもしれませんが、常備菜をまとめて作ったり何かを炒めながら何かを茹でるといった調理をすることが多くなるので、少なくとも2口以上あるものを選ぶようにしましょう(^^)

おすすめ記事⇒『時短で節約!おかず4品をたった20分で作る料理のコツ6つ』

電子レンジの選び方

温めたり解凍したり、短時間で簡単に調理できる電子レンジも一人暮らしのマスト家電!

最近は驚くほど便利な製品がたくさん出てきていますが、初めての一人暮らしなら単機能レンジをおすすめします(^^)/

料理やお菓子作りが趣味という人であれば、美味しく調理ができる自動調理機能やでオーブン機能などが付いたものも一つの選択肢としてアリですが、日々の一般的な自炊に使う程度であれば『温め』と『解凍』機能で十分(*^^)v

例え便利な機能が付いていても使わないのであれば"宝の持ち腐れ"ですからね(´・ω・`)

今は電子レンジ調理ができる専用グッズもありますし、強いて多機能レンジを選ぶ必要はないです(^^)

オーブントースターの選び方

朝食はご飯派だから必要ない、トースター機能の付いた電子レンジを買えばいいんじゃ?と思っていませんか?

オーブントースターはパンを焼く以外にも、お餅・ピザ・グラタン・揚げ物の温めにも使えます♪
特に時間が経った揚げ物は電子レンジで温めても揚げたてのサクサク感は復活しないので、やはりオーブントースターがあると便利です(^^)

電子レンジのトースター機能を使うことも可能ですが、トースターよりも時間がかかる場合が多いので個人的にはおすすめしません(´・ω・`)

本題の選び方についてですが、

  • 使い勝手の良さそうな庫内の大きさ
  • 火力や温度調節ができる

ものを選ぶことをおすすめします(^^)/

主流なのはトースター2枚が同時に焼けるタイプですが、中には4枚まで可能なタイプもあります。
後者だとスーパーでよく見かける23cmのピザも入るので、自分にとって使いやすそうな大きさを選びましょう(^^)

火力や温度調節ができるのも重要なポイント!
加熱時間のみの調節だと、外は焦げているのに中が冷たいまま・・・なんてことが起こりやすくなります(ノД`)・゜・。

【おすすめのオーブントースター】

炊飯器の選び方

一人暮らしで使う炊飯器なら小型のものが良いと思われがちですが、自炊を中心とした一人暮らしの場合は5.5号炊きのものがおすすめです(^^)/

お米を炊くのって、簡単ではありますが案外手間でもあるんですよね(´・ω・`)
仕事から帰ってきて疲れている中で炊飯からとりかかるって結構めんどくさいし、炊き上がるまでに時間がかかるので空腹時には辛いもの(ノД`)・゜・。

時間のある時にまとめて炊いて小分け冷凍しておけば、食べる時に解凍するだけなので日々の自炊が苦になりにくいですし、光熱費の節約にも繋がります(*^^)v

なのでまとめ炊きができる5.5合サイズのものを選ぶようにしましょう(^^)

炊き上がり方や味にこだわりがなければ、あとは値段重視でOKかと思います(^^)/

【おすすめ炊飯器】

コスパ良し⇒『IRIS OHYAMA 米屋の旨み銘柄ジャー炊飯器(5.5合) RC-MA50-B』

電気ケトル

自炊生活の中でも、時にはインスタント食品に頼ることもあるかと思います。
他にも、コーヒーやお茶が飲みたくなったりした時など、少量のお湯が必要になる場面は結構多いものです。

そんな時にいちいち鍋からお湯を沸かすのは正直面倒ですし、他の調理中でコンロが塞がってお湯が沸かせないなんてことも(´・ω・`)
また、プロパンガスは都市ガスに比べてガス代が高いことが多いので、光熱費もかさみがちになってしまいます(ノД`)・゜・。

おすすめ記事⇒『プロパンガスが高い理由とは?賃貸でも他社に乗り換えできる?』

なので一人暮らしこそ電気ケトルは必須なんです(; ・`д・´)o

選び方のポイントは特にこれといったものはなく、強いて言えば用途とデザインの好み次第

使う頻度が高い場合は容量が大きいものや保温機能があるものだと便利ですし、コーヒー好きならドリップしやすい注ぎ口が細くなっているものがおすすめです(*^^)v

【おすすめ電気ケトル】

洗濯機

選び方のポイントは

  • サイズは7~8kg
  • 乾燥機能がある
  • 『ドライ』または『手洗い』コース機能がある

の3点。

サイズは7~8kg

一人暮らしだと5kg前後のサイズを勧められることが多いですが、それでは正直小さいです(-"-)

というのも、仕事をしていると毎日の洗濯はほぼ不可能。
それに少量で洗濯すると逆に水道代がかかってしまいます。

なので基本的には休日にまとめ洗い。
一人あたりの洗濯物の量は一日1~1.5kgと言われているので、例え一人暮らしでも5日分となると結構な量になります(ノД`)・゜・。

また、布団・毛布・シーツを洗うことも考慮すると7~8kgのものがおすすめです(^^)

ただし、一人暮らし向きの部屋だと設置スペースが小さい場合があるので、事前にサイズを測っておくことをお忘れなく(; ・`д・´)o

乾燥機能がある

一人暮らしの社会人は洗濯できる時間が限られます。

ベランダがなかったり部屋が狭いと干し場所にも困りやすいので、乾燥機能があるととても便利です(*´▽`*)

『ドライ』または『手洗い』コース機能がある

社会人になるとスーツやオフィスカジュアルといった服装で出勤することが多くなります。

クリーニングに出すより自分で洗った方が節約になるので、コース選択が可能な洗濯機を選ぶようにしましょう(^^)

アイロン(スチーマー)

スーツ出勤の人やシワになりやすい服を着る機会のある人はアイロンがけが必要になってきます。
とはいえ、わざわざアイロン台を出すのも手間ですよね(ノД`)・゜・。

なので一人分のアイロンがけならスチーマーがおすすめです(^^)/

ハンガーにかけたままシワをのばすことができるので手軽ですし、消臭・除菌効果のあるものが多いので会社の飲み会で行ったお店やタバコのニオイ対策もできちゃいます(*^^)v

クリーニング代を節約する為にもスチーマーはぜひ用意しておきましょう(^^)

【おすすめスチーマー】

エアコン

賃貸マンションならすでに設置済みなところも多いので、まずはお部屋探しの際に確認してみて下さい(^^)
もし設置されていない場合は自分で用意する必要があります。

選び方のポイントは

  • 部屋の広さに合ったものを選ぶ
  • サイズの選び間違いに注意する

の2点。

部屋の広さに合ったものを選ぶ

エアコンには設置する部屋に合わせたサイズが決まっています。

サイズが部屋の広さに対して大きいと冷えすぎ・暖まり過ぎに、逆に小さいと冷えない・暖まらないといったことに繋がりやすくなります。

また、余分な電力を消費して電気代が高くなってしまったり負荷がかかって故障の原因になったりするので、部屋の広さに合ったものを選ぶようにしましょう(^^)

サイズの選び間違いに注意する

エアコンのサイズは畳数で表記されています。
『〇畳~○畳』というように幅があるので〇畳~○畳の部屋で使えると思う人が多いですが、実はそれは間違いなんです(; ・`д・´)o

これは部屋の造り(木造か鉄筋か)によって空気の密閉率が異なる為。
木造より鉄筋の方が密閉率が良いので、鉄筋構造であればより広く対応できるということです(*^^)v

まずは住む部屋の造りが木造なのか鉄筋なのかを確認してから広さに合ったエアコンを選ぶようにしましょう(^^)

照明器具

前の入居者が引っ越し先に持って行かずそのまま付いていることもあるので、その場合は準備不要です。

自分で用意する必要がある場合は、入居予定の部屋の照明箇所を確認して取り付け可能なLEDの照明器具を選ぶようにしましょう(^^)/
LEDは消費電力が少ないので電気代の節約になり、長寿命なので取り換えの手間も省けます(^^)

最近では明るさを調節できるものやデザイン性の高いオシャレな照明器具もありますが、場合によっては接続部位が合わず使えないこともあるので、必ず確認するようにしましょう(; ・`д・´)o

掃除機

フローリングワイパーやコロコロがあれば十分じゃ?と思うかもしれませんが、掃除機も欠かせない家電の一つ。
目に見えない埃やダニまで綺麗に掃除する為には、やはり吸引力のある掃除器具が必要です(; ・`д・´)o

選び方のポイントは

  • スティックタイプ
  • ハンディタイプとしても使える2WAY式
  • コードレス

の3点。

スティックタイプならコンパクトなので収納場所に困りにくいのが◎。
ノズルを付け替えてハンディタイプにすれば、ソファの隙間や汚れが気になった場所をサッと掃除しやすくなります(*^^)v
コードレスだとコードの長さを気にせず使えますし、なにより使い勝手が格段に良いです(*´▽`*)

サイクロン式と紙パック式があるので、ゴミ処理を簡単にしたい人は後者がおすすめです(^^)

【おすすめ掃除機】

布団クリーナー

これはあると非常に便利な家電なので、金銭的余裕があればぜひゲットして欲しい家電(; ・`д・´)o

布団の丸洗いは意外と重労働ですし、天気が悪いと干せないので汚れがたまりがち(-"-)
頑張って月1回は丸洗いできたとしても、やっぱり常にキレイな布団で眠りにつきたいですよね(*´Д`)

なので普段の布団のお手入れアイテムとして布団クリーナーはとっても重宝します(*^^)v

ブランドや付加機能にこだわりがなければそれほど高くはないので、ご両親に就職祝いとしておねだりするのもアリかも( *´艸`)

【おすすめ布団クリーナー】

必要のない家電は?

今度は逆に「これは必要なかったなぁ」と思った家電たち。
初めての一人暮らしだと、あれもこれもとついつい色々揃えてしまいがちなんですよね(ノД`)・゜・。

なので無駄な出費を回避する為には経験者に直接聞くのが一番!

というわけで私の経験からすると、

  • テレビ
  • 多機能付き電子レンジ
  • 食器洗い乾燥機
  • 扇風機

は必要性を感じませんでした。

テレビの必要性を感じなかった理由

テレビって少し前までは一家に一台あるのが当たり前でしたよね(*´Д`)
ですが今はインターネットの時代。

パソコンやスマホがあれば、ニュースも天気予報も常に最新の情報が確認できますし、バラエティ番組やドラマだって放送から一週間以内であれば各局の見逃し配信で無料で観ることができます(*^^)v

仮に無料期間を過ぎたとしても、HuluU-NEXTといった動画配信サービスで視聴することも可能。
月額料金はかかりますが、テレビの受信料に比べたら割安です(^^)

なのでパソコンやスマホを持っているのならテレビはわざわざ買う必要はないと感じました。

多機能付き電子レンジの必要性を感じなかった理由

電子レンジについては該当項目でも触れましたが、日々の自炊で使うだけなら2つの機能さえあれば十分です(*^^)v

食器洗い乾燥機の必要性を感じなかった理由

食器洗い乾燥機はあると便利ではありますが、一人分の食器洗いなら自分でやった方が手っ取り早いです。

単身者向けのキッチンは狭いことが多いので置き場所にも困りやすいですし、結果的に光熱費の無駄になってしまう可能性もあります(ノД`)・゜・。

ちなみに水切りカゴ類も場所を取るので必要ナシ。
洗ってすぐ布巾で拭けばOKですし、拭き残しの心配があるのであれば吸水性の高いシート等の上で乾燥させれば間に合います(^^)

扇風機の必要性を感じなかった理由

涼をとるのはエアコンが主だったから。

扇風機とサーキュレーターは一見同じように思えますが、風の起こし方が異なります。

扇風機は広範囲に風を送るのに対し、サーキュレーターは空気を循環させる為に直線的に風を送ります。
つまり、エアコンだと体が冷えすぎるから程良い風で涼みたいという人は扇風機、エアコンと併用したいという人はサーキュレーターがおすすめです(^^)

また、扇風機よりもサーキュレーターの方がコンパクトで保管しやすく、お手入れも簡単なのが個人的には高ポイントでした♪

これは各々の生活スタイルにもよるので、自分に必要かどうかの判断をして頂ければと思います(^^)

 

まとめ

以上、『新社会人の一人暮らしに必要な家電と主婦目線の選び方』についてでした!

家電を揃えるのはお金がかかりますし、選ぶのも正直大変(´・ω・`)

面倒に感じてついついセット購入に目がいきがちになってしまいますが、家事もしっかりやっていきたいという人は自分にとって使い勝手の良い本当に必要な家電を一つずつ選んでほしいなと思います。

少しでも家電選びの参考になれば幸いです(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【アドセンス】

【アドセンス】

-未分類

Copyright© 30代主婦の節約×美容Dairy , 2018 All Rights Reserved.