30代主婦の節約×美容Dairy

コスメやスキンケアのおすすめ情報、日常生活における節約術などを発信しています(^^)

30代からの健康&美容対策 ニキビケア

ニキビの治し方!潰すと早く治るって本当?

投稿日:2017年6月25日 更新日:

f:id:kashikochan:20170625163306j:plain

「ニキビなんて厄介なデキモノ、なんで存在しているんだろうか・・・」

ニキビで肌荒れが特にひどかった頃はいつもそう思っていました。

ニキビにも色々種類はありますが、赤く腫れ上がるニキビが特に痛いですよね。

パンパンに膨れ上がるあのピーク時はもちろん、正中線付近にできた時にゃあもうその部分の筋肉がちょっと動いただけで悶絶モン(-"-)

「触ると余計ひどくなるから触っちゃダメ」
「潰すとその周辺にもニキビができやすくなる」
「潰すと跡に残る」

と耳にしていたこともあって、とにかく触らないように潰さないようにと気を付けていました。

無意識に触ってしまっていたり、朝起きたら潰れてたなんて不可抗力のこともありましたが(^^;)

しかし最近では

「潰すと早く治る」

なんて一瞬耳を疑うような情報も出てきています。

今まで言われてきたことと真逆ですけど?!

そりゃあ潰すことで早く治るのならそれに越したことはないし、痛みを我慢する期間も圧倒的に短くなるんだったらもちろん嬉しい。

でも本当なの?

というわけで今回は

  • ニキビの種類とできる原因
  • ニキビを潰すと早く治るというのは本当なのか?
  • ニキビケアに効果的な成分

について調べてみました!

スポンサーリンク

【アドセンス】

 ニキビには種類がある!

ニキビには

  1. 白ニキビ
  2. 黒ニキビ
  3. 赤ニキビ
  4. 黄ニキビ
  5. 紫ニキビ
  6. クレーター(ニキビ跡)

と段階を経た6種類のニキビがあります。

白ニキビ(レベル1)

白くポツッと小さくできた初期段階のニキビ。

まだ炎症は起こっていないので、この時点でしっかりケアができるかどうかでその後の進行や悪化を防ぐことが可能です。

黒ニキビ(レベル2)

古い角質や皮脂が酸化して黒く変色した状態のニキビ。
「黒ずみ」とも呼ばれています。

比較的初期であればセルフケアで対策が可能。です。

赤ニキビ(レベル3)

赤く腫れ上がった状態のニキビ。
すでに炎症を起こしているので痛みを感じることも。

過度な刺激はNGです。

黄ニキビ(レベル4)

赤ニキビが悪化して化膿し、膿(うみ)が溜まって黄色く見える状態のニキビ。

放っておくとさらに悪化して跡に残ってしまう原因にもなり得る為、慎重なケアが必要です。

紫ニキビ(レベル5)

黄色ニキビが悪化したニキビ。
色素沈着して青紫っぽく見える状態です。

ここまでくると市販薬やセルフケアは困難。

本気で治療を望むのであれば専門機関の受診が必要です。

クレーター(レベル6)

紫ニキビの最終形態。
肌に凹凸ができ、まるで月の表面のような状態になることから『クレーター』と呼ばれています。

専門機関でも治療に長い年月がかかったり完全に綺麗な状態に戻すことは困難なケースもあるので、まずはここまでの状態にさせないことが大切です。

 

ニキビができる原因

ニキビができやすくなる原因は主に皮脂(体内の油分)の過剰分泌と毛穴の詰まり

なぜ皮脂分泌が過剰になるのかというと、男性ホルモンもしくは女性ホルモンのどちらか一方の働きが活発でホルモンバランスが崩れてしまう為。

  • 特に何もしていないのにニキビができやすい(遺伝)
  • 思春期にニキビができやすくなる
  • ストレスで肌荒れがひどくなる

といったケースは「アストロゲン」という男性ホルモンが、生理前に肌荒れがひどくなるという女性は「プロゲステロン」という女性ホルモンが、それぞれ活発化することでホルモンバランスが崩れて皮脂が過剰分泌されます。

その過剰分泌された皮脂が毛穴に溜まっていき、古い角質や外部からの汚れなどと混ざって角栓に。

雑菌が増殖して炎症を起こしてしまった結果がニキビというわけです(ノД`)・゜・。

 

ニキビを潰すと早く治るって本当?

では本題へ。

「ニキビを潰すと早く治るのかどうか」についてですが、この噂についての答えはYES

ただし

  • 潰していいのは白ニキビの状態のみ
  • 雑菌が入らないよう衛生面に気を付ける
  • 爪や強い力で無理矢理潰さない

という必須条件アリです。

軽度とはいえすでに炎症を起こしてしまっている黒ニキビにはNG
もちろん赤ニキビ以降の悪化したニキビにも使えません。

白ニキビはまだ炎症を起こしておらず皮脂が毛穴に詰まっただけなのでまだ間に合う、ということ。

ニキビを作るアクネ菌はその溜まった皮脂をエサにしてどんどん成長していくので、取り除いてあげることでニキビの治りを早くするというものです(*^^)v

皮膚の細胞を破壊するだけで時間が経てば皮膚はまた再生するので、ニキビの進行を防ぎ早く治すことが可能♪

実際に医療機関でも「芯出し」というニキビを潰す治療法を行なっていたり、「コメドプッシャー」というニキビを潰す専用器具も販売されています。

ただし、正しいやり方でないと跡に残ってしまう可能性もあるので自分でやる場合は衛生面や力加減に注意することが必要です。

 

ニキビケアに効果的な成分とは?

ここまではニキビができる原因やできてしまった時の話をしてきましたが、一番の理想はニキビができない肌質になること。

ホルモンバランスの乱れやストレスを完全になくすことは難しいかもしれませんが、ニキビができにくい肌に整えることは可能です(*^^)v

ニキビを作るアクネ菌の大好物は皮脂。
その皮脂を抑える成分や毛穴の詰まりを解消してくれる成分が入ったものを使えばニキビができにくい肌ができるわけですよね。

皮脂を抑える成分には主にビタミンC誘導体イソフラボン、毛穴の詰まりを解消してくれる成分には主に酵素があります。

ビタミンC誘導体

皮脂の過剰分泌を抑える以外に、ニキビ跡の色素沈着予防にも効果的な成分。

ただし5%以下の濃度ではほとんど効果が発揮されない為、配合濃度のチェックが必要です。

イソフラボン

女性ホルモンの分泌を促す効果があるので、皮脂の分泌を促す男性ホルモンとのバランスを保つ効果があります。

そして更に美白効果もあるという何とも嬉しい成分♪

毛穴の詰まり=角栓は約30%が皮脂、約70%はタンパク質でできている為、それらを分解する働きのある酵素が一番効果的なんです。

毛穴の詰まりの解消に効果的な酵素には

  • 「皮脂分解酵素」である海洋植物のサンゴ
  • 「タンパク質分解酵素」であるパパイヤに含まれるパパイン
  • ショウガに含まれるショウガプロテアーゼ
  • パインに含まれるプロメライン

などがあります。

これらの成分が入ったスキンケア商品を使うことでニキビができにくい肌に整えることが可能です(^O^)/

 

まとめ

以上、ニキビの治し方についてでした!

参考になれば幸いです(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事⇒『毛穴汚れを落とす4つの方法!オイリー肌の私がおすすめする角栓対策について紹介♪』

【アドセンス】

【アドセンス】

-30代からの健康&美容対策, ニキビケア

Copyright© 30代主婦の節約×美容Dairy , 2018 All Rights Reserved.