30代主婦の節約×美容Dairy

コスメやスキンケアのおすすめ情報、日常生活における節約術などを発信しています(^^)

年末年始のあれこれ 掃除

服をスッキリ簡単に収納できる5つのコツ!片付けられない原因と対策を紹介

投稿日:

気付いたら部屋中服だらけ。
クローゼットやタンスに収まりきらずその辺に置きっぱなし。

何とかしたいと思いながらもなかなか片付けられず悩んでいませんか?

服って油断しているとあっという間に増えちゃいますよね(ノД`)・゜・。
私もバーゲンやセールで安くなっているのを見かけるとついつい買いたくなってしまいます(*´Д`)

実は服を片付けられない原因は大きく分けて3つあります。

そして服の収納にはちょっとしたコツがあって、少し工夫をするだけで収納力をグンとアップさせることができるんです(^O^)/

というわけで今回は

『服を片付けられない原因とスッキリ簡単に収納できるコツ』について紹介したいと思います!

 

服を片付けられない原因は3つ!

原因はいたってシンプル。

問題を解決する為にはまず原因を明確に把握することが大切なので、ここでしっかり押さえておきましょう(^O^)/

原因その①定位置が決まっていない

定位置が決まっていないと

  • 何がどこにあるのか分からなくなり、使おうとする度に探す手間がかかる
  • 色々な物がごちゃ混ぜになって汚く見える

といったことに繋がります。

探し物が見つからない=失くしたと思って新しく購入するも後日発見Σ(゚д゚)なんて経験をした人もいるのではないでしょうか。
そんな状態を繰り返していると、服がどんどん増えて更に散らかるという悪循環に(ノД`)・゜・。

探す手間を省き整理整頓しやすくする為にも、しっかり定位置を決めましょう(^^)

原因その②収納場所の有効活用ができていない

服を収納する場合、

  • クローゼット
  • タンス
  • 衣装ケース
  • ハンガーラック

などが一般的な収納場所(グッズ)ですよね。

しかし実はこれらを有効に使えておらず、デッドスペースが生まれてもったいない状態になっていることが意外と多いんです。

スペースを活かした収納方法を身に付けましょう(^^)

原因その③必要以上に持ちすぎている

  • クローゼットやタンスには服がギュウギュウに詰まっていて開閉しづらい
  • 収納スペースに収まりきらず行き場を失くした服で部屋が溢れている

といった状況であれば完全に持ちすぎです。

それらの服を1年のうち何度着ていますか?
どんな服をどれだけ持っているか把握できていますか?

おそらく「あれ?こんな服持ってたっけ(´・ω・`)?」となるパターンが多いかと思います。

当たり前のことですが、収納スペースは限られています。
限られたスペースに収まる適量を把握して本当に着る服だけを持つようにしましょう(^^)

 

服をスッキリ簡単に収納できるコツとは?

片付けられない原因を把握したら、今度は『どうすればスッキリ片付くのか』の具体的な解決策を紹介したいと思います(^^)

私も実際にやっている方法なので参考にしてみてください(^O^)/

コツその①脱いだらすぐ吊るすクセをつける

外出先から帰ってきて脱いだコートやマフラーなどは、ハンガーにかけるクセをつけましょう。

脱ぎっぱなしで放置すると散らかる原因になることはもちろん、生地が傷んだり形が崩れてしまう場合も。
吊るしておけば服へのダメージを避けることができる上、通気性が増して汗やニオイ対策にもなります(^^)

玄関先や部屋の入り口など、動線上必ず通る場所に吊るすスペースを確保しておくことで無理なく習慣化できます(^O^)/

コツその②定位置を決める

定位置を決めておけば、

  • 毎回探す手間が省ける
  • 持っている量が把握しやすく容量オーバーに気付きやすい
  • 持っている種類が一目で分かるのでコーディネートの幅が広がる

といったメリットがあります(^^)

色々なものがごちゃ混ぜになっていると、お目当てのものを探すのに時間がかかったり、奥の方に追いやられた服はいつの間にか存在すら忘れ去られてしまいます。

そうしてまた似たような服を買ってしまい、コーディネートもいつもと同じでなんだかパッとしない・・・なんてことに(´・ω・`)

定位置の基本的な決め方としては、ジャンルごとに分けるのがおすすめです(^O^)/

例えば

  • 肌着や靴下など細々としたもの→引き出しの一番上
  • トップス→引き出しの二段目~
  • ボトムス→引き出しの一番下

というように、着用状態と同じ配置にしておくと収納場所も忘れにくくなります(^^)

ただし、服の特徴や使用頻度を考慮した収納にすることも重要です。(次項で紹介)

コツその③生地の素材や形、使用頻度に適した収納にする

服には様々な素材や形のものがありますよね(^^)
それぞれの特徴に適した収納をしないと、素材そのものを傷つけてしまう場合があります。

また、使用頻度の高い服をわざわざ畳んで収納すると、取り出すのが面倒になって着る機会が減ったり、毎回畳むのが手間でストレスに感じてしまうことも(ノД`)・゜・。

例えば

  • シフォンやサテンなど畳みにくい生地
  • レーヨンや麻などシワになりやすい生地
  • ワンピースやドレスなど丈の長い服
  • コートやジャケットなど厚手のアウター
  • 仕事着や就寝着などほぼ毎日着る服

は吊るす収納、

  • 肌着など衛生面が気になる服
  • セーターなど扱いがデリケートな服

は畳む収納に向いています。

畳みにくかったりシワになりやすい生地は、吊るした方がよりキレイに収納できます(^^)

丈の長い服や厚手のアウターは、畳むとかさばって収納スペースを圧迫してしまうので吊るすのがベスト。

ほぼ毎日着る服は、吊るした方が取り出しやすくなり畳む手間も省けて一石二鳥♪
ただし肌着類は衛生面が気になるので畳んだ方が◎。

セーターなどの扱いがデリケートな服は、吊るして収納すると生地が伸びて形が崩れてしまう為、かさばりますが畳んで収納しましょう。

服の素材や形、使用頻度に適した収納にすることで、大切な服を長く気持ち良く着ることができます(*´▽`*)

コツその④収納スペース(グッズ)の特徴を活かす

スペースに合わせた畳み方にしたり空間を上手く活用することで、より多く&スッキリと収納することができます(^^)

タンスや衣装ケースなど引き出しタイプに収納する場合

  • 引き出しの深さに合わせて立てて収納する
  • 仕切りアイテムを使う

のが効果的です。

引き出しの深さに合わせて立ててすることで、

  • 上部の空間も無駄なく活用できる
  • 取り出しやすい
  • 一目で何がどれだけ入っているか分かる

といったメリットがあります。

ただし、あまり深すぎるとスペースを無駄にしてしまいやすくなるので、23cm程度のものがおすすめ(^^)

ちなみに私はホームセンターでよく見かける衣装ケースを使っています(^O^)/
衣装ケース 浅型(楽天)

中には、立てて収納するのが難しい細々としたものもあるかと思います。
そんな場合は100円ショップなどに売っている仕切りアイテムを使うことで簡単解決♪

プラスチックケースや頂き物の空き箱などを使う人もいますが、カビや虫食いなどを防ぐ為になるべく通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

畳み方は服の形や大きさによって異なるのでコツが必要ですが、慣れれば簡単なのでぜひトライしてみてください(^O^)/

クローゼットやラックに吊るすタイプに収納する場合

  • 服の丈(長さ)別に分ける
  • ハンガーは厚み幅がなるべく狭いものを選ぶ
  • スペースを有効活用できる便利グッズを使う

のが効果的です。

服の丈(長さ)別に分けることで、丈の短い服の下に新たな収納スペースが生まれます

ハンガーは厚み幅の狭いものを使うことで、収納スペースを最小限に抑えることができます
また、同じデザインにすれば全体に統一感が生まれるので見た目もスッキリ♪

ちなみにおすすめのハンガーはMAWAハンガー
私も愛用していて、シンプルなデザイン&特殊なコーティングがされていて滑り落ちにくい、といった点が気に入っています(*´▽`*)

スペースを有効活用できる便利グッズには、

  • 下着や靴下など細々としたものの整理整頓に→切って使える仕切り板、仕切りケース
  • 手の届きにくい高い場所やハンガーラックの開いたスペースに→衣類収納BOX
  • 開閉扉の内側や壁面に→ウォールポケット、ハンキングフック

などがおすすめです(^^)

そのまま使える商品として販売されているものありますが、つっぱり棒やS字フックなど100円ショップで手に入るグッズを使って自作すれば費用を抑えることもできます(^O^)/

参考⇒100均グッズで作る衣類の収納アイデア集

ちなみに私はこんなグッズ⇩を使っています(^^)

クローゼットやハンガーラックのスペースを有効活用できるアイテムで、伸ばすとこんなかんじになります⇩

使い方は、下部にある出っ張り部分に吊るしたい服をかけるだけ。

このアイテムを使うとクローゼットやハンガーラック内で服同士が上下で少しズレた状態で吊るされるので、より多くの服を収納できるようになります♪

100円ショップで手に入るので、気になる人は店頭でチェックしてみてください(^O^)/

コツその⑤トレンドを追いかけすぎない

流行の服を着ることがファッションを楽しむ醍醐味!という人もいるかと思います。
確かに、トレンドの服は可愛くてオシャレなものがたくさんありますし魅力的ですよね(^^)

ただ、限られた収納スペースでスッキリ片付けたいのであれば、トレンドを追いかけすぎるのはおすすめしません。

というのも、数が増えれば当然管理することも難しくなります
広々とした収納スペースがあるのであれば問題ないですが、限られたスペースでキレイな状態を保つには『適量』が大切です。

それにトレンドは毎年毎シーズン目まぐるしく変わっていくものなので、流行が終われば着ていること自体が恥ずかしく感じてそのままタンスの肥やしに・・・なんてことにも(´・ω・`)

その度に新しい服を買っていてはお財布事情的にも苦しくなってしまいます。

トレンドの服を購入する時は、

  • 流行っているから(みんなが着ているから)という理由だけで買わない
  • そもそも自分に似合っているのかを客観視する(家族や友人に相談するのも◎)
  • 手持ちの服とどれだけの組み合わせができるか考える

といったポイントを抑えながら判断するようにしましょう(^^)

 

服が好きすぎてどうしても物欲が抑えられない!という場合

  • ファッションを楽しむことが趣味
  • 好みの服を見つけるどどうしても欲しくなる
  • 買いすぎてお給料日前はカツカツの生活になりがち

という人は、服のレンタルサービスがおすすめ(^O^)/

レンタルならいずれは返却するものなので部屋が散らかる心配もありませんし、毎回違う服を着られる楽しみも味わえます♪

服のレンタルサービスをしているところはたくさんあるんですが、中でもおすすめなのがエアークローゼット

  • 月額制&定額で好きな服を好きなだけ選べる(コースによる)
  • 返送料もクリーニング代も不要
  • 気に入った服はそのまま買い取ることも可能

といった特徴があります(^^)

事前に登録した好みのスタイルやお気に入りアイテムの情報からスタイリストが1点1点選定してくれるので、忙しくて組み合わせを考える時間がない人や選ぶセンスに自信がない人にも使えるサービスかなと思います♪

レンタル代金以外一切の費用がかからない上、洗濯やクリーニングの手間が省けるのもズボラさんには嬉しいポイント(*´▽`*)

レンタル後に購入できるというシステムならじっくり着心地を確かめられますし、服選びの失敗もしにくくなります♪

気になる料金は

  • Lightコース(月1回3着まで)→月額6,800円(税別)
  • Regularコース(レンタル回数無制限)→月額9,800円(税別)~

となっています。

レギュラーコースはレンタル期間ごとにお得になるプランもあるので、気になる人はぜひチェックしてみてください(^O^)/

公式サイト⇒ファッションレンタル「airCloset」

-年末年始のあれこれ, 掃除

Copyright© 30代主婦の節約×美容Dairy , 2017 All Rights Reserved.