30代主婦の節約×美容Dairy

コスメやスキンケアのおすすめ情報、日常生活における節約術などを発信しています(^^)

節約のあれこれ 節約の基本

節約とケチの違いって?決定的に違う2つの特徴

投稿日:2017年7月12日 更新日:

f:id:kashikochan:20170712194513j:plain

『節約とケチはどう違うのか』
節約ネタで度々話題にあがるテーマでもありますよね。

節約とは無駄を省き家計をやりくりする為の生活術。
支出が収入を上回らないよう収支のバランスを調節したり、将来の目的の為に貯蓄を増やすことは生活していく上で必要なことです。

がしかし!

自分は節約しているつもりでも、実は周囲から『ケチな人』と思われているかもしれません。
できればそのようなレッテルは張られたくないですよね。

というわけで今回は

『節約とケチで決定的に違う2つの特徴』

についてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

【アドセンス】

節約とケチの決定的な違いその① お金の使い方

節約する人は、お金をかけるべきところ(必要経費)とそうでないところ(無駄遣い)をしっかり認識し、メリハリのあるお金の使い方をします。

一方、ケチな人は自分に得のない出費は無駄だと認識し、必要経費さえも極限まで安く済ませることに注力します。

例えば

  • 誕生日プレゼントや御祝儀などの交際費
  • 資格取得や投資にかかる費用
  • 健康維持の為の食費やメンテナンス代

誕生日プレゼントや御祝儀はその人の幸せを形にして祝うもの。

節約する人は『交際費』や『臨時出費』などといった必要経費と考えるのに対し、
ケチな人は自分に得がない『無駄な出費』と考えます

資格取得や投資は、始める前にある程度のまとまったお金が必要になります。

節約なのにお金を使うの?と思う人もいるかもしれませんが、いずれも成功すれば収入が増える可能性を秘めているものですよね?

収入が増えれば貯金ペースを速めることができますし、他の必要経費に回すこともできます。
こういった将来の収入を増やす為の初期投資を惜しまないのが節約する人の思考回路です。

一方、ケチな人は『収入を増やす』よりも『手元のお金を守る』ことに注力する為、得をするか分からない不確実なことにはお金を使いたがりません

健康維持に努めるのも実は重要な節約術。
病気になれば当然治療代がかかり、その病気が深刻であればあるほどその治療代はかさみます。
なにより本人が一番辛い思いをすることにもなりますし、そもそも病気にはなりたくないですよね。

節約する人は健康維持にかかる費用は必要経費と考えますが、ケチな人はとにかく出費を減らすことを考えるので、定期健診代すらケチったり日々の食事は安価な食材に頼りがちになります。

いくら食費を浮かせたいからとはいえ、モヤシやキノコ類ばかり食べていては栄養が偏り体調を崩しかねません。
結局病気になって治療代がかかってしまえば本末転倒です。

つまり、必要な時に必要なお金を使えるかどうかが節約とケチの違いです(^^)

『それは節約とは言わない!やり過ぎ節約術5選』

 

節約とケチの決定的な違いその② 時間の使い方

節約する人は時間を効率的に使おうとするのに対し、ケチな人は自分中心の行動でとにかくせっかち

例えば

  • 職場の飲み会やママ友とのランチ会
  • 人との待ち合わせ

飲み会やランチ会といった食事会では気の合う人がいればいいのですが、中には苦手だと感じる人もいることもあるでしょう。
そうなると、居心地の悪い場で一定時間を過ごさなければならない上、飲食代や交通費といった出費も発生します。

ケチな人にとっては完全に『無駄な出費』でしかありませんが、節約する人は『情報収集の場』とポジティブに考えます。

一見時間の浪費と思われがちな場でも、普段話したことのなかった人と仲良くなれたり、苦手だと思っていた人が実はそうじゃなかったり、今まで知らなかった情報を得ることができる可能性があります。

人の集まりには様々な『情報』が交わされます。
目から鱗が落ちるような劇的な情報でないにしても、自分が抱えている悩みが解決したり、より良い方向に導くヒントとなる場合もあります。

人との待ち合わせでは時には相手が時間に遅れてくることもあるかと思います。

そんな時、ケチな人は『自分の時間を潰された!(=損)』と怒ります。
しかし節約する人はただ待っているだけではなく、持ってきた本を読んだり近くの気になったお店に立ち寄ったりと時間を有効に使います。
日頃から作業の効率化が身に付いているので、自然と時間も効率的に使う思考になるんです。

何かしながらであれば意識が他へ向くので、よっぽど相手の到着時間が遅くない限りは待つことにそれほど疲れを感じません。

つまり、時間を効率的に使えるかどうかが節約とケチの違いです(^^)

『やりくり上手が意識している4つの管理術』

 

まとめ

以上、節約する人とケチな人の違いについてでした!

心当たりのある項目はあったでしょうか?
性格や考え方を変えることはなかなか難しいですが、ケチではない節約術を身に付けていきたいですね♪

参考になれば幸いです(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

【アドセンス】

【アドセンス】

-節約のあれこれ, 節約の基本

Copyright© 30代主婦の節約×美容Dairy , 2018 All Rights Reserved.