30代主婦の節約×美容Dairy

コスメやスキンケアのおすすめ情報、日常生活における節約術などを発信しています(^^)

困りごと 節約のあれこれ 節約の基本

節約はストレス?我慢せずお金を貯める3つの方法

投稿日:2017年7月29日 更新日:

f:id:kashikochan:20170729170936j:plain

「節約するのが辛い・・・」
「我慢ばっかりで毎日ストレス・・・」
そんな風に『節約=我慢』と憂鬱になっていませんか?

確かに節約ってしんどいですよね。
世間一般的に言われる『高収入』ならまだしも、限られた収入の中から日々の生活費をやりくりしつつお金も貯めるのってけっこう大変。

お金を貯める為には出費を抑える必要がありますから、そうなると欲しい物ややりたい事を我慢しなければいけないという場面に出くわす機会も多いです。

とはいえ、我慢ばかりしていてはストレスが溜まるのも当然。
いくら自分や家族の将来の為でも、欲しい物も買えずやりたい事もできずただただお金を貯めるだけの生活なんて、よほど貯金が趣味でもない限り拷問に近い生活(笑)。

節約中だって豪華なディナーを食べたい時だってあるし、新作コスメが欲しい時だってあるし、旅行に行きたい時だってある!

というわけで今回は、私が実践している

『ストレスなく我慢せず節約する方法』

について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

【アドセンス】

ストレスなく我慢せず節約する方法その①
目標や期限を明確に設定する

節約が辛く感じる要因の一つは我慢の生活が終わりの見えない半永久的なものに感じるから。
好きなことはいつまでも続けられますし時間が過ぎることさえあっという間に感じますよね。

それが苦手な作業をする時間だったらどうでしょう?
ただ苦痛を感じる時間に終わりが見えない生活なんて辛くなるのは当然です。

ですが『いつまで頑張ればいいのか』を明確に設定すれば、例え苦手なことでも人間ガッツが湧くもの。
その目的が将来の自分や家族の為になることなのであれば尚更です。

いつまでに何をどんな風に頑張るのかを具体的に設定することで、目的までの見通しが良くなり気持ち的にもずいぶん楽になるはずです(^^)

『やりくり上手が意識している4つの管理術とは?』

 

ストレスなく我慢せず節約する方法その②
目標が無謀な設定になっていないかどうか

「目標は高ければ高いほどいい」なんて言葉もありますが、それはあくまでメンタル面での理論。

追い込まれれば追い込まれるほど燃え上がって力を発揮できるタイプなら別ですが、張り切って目標を高く設定したところで達成できなければ何の意味もありません

例えば

  • 世帯収入20万円の4人家族で月10万円の貯金
  • 田舎暮らしなのに維持費がかかるからと車を処分

家賃、光熱費、食費、その他細々とした出費もある中で収入の半分を貯蓄に回すなんてほぼ不可能。

風呂なしトイレ共同で6畳一間のボロアパートで家賃は格安、電気もガスも極力使わず
食べるものはモヤシと豆腐が中心、という生活なら達成できなくもないかもしれませんが、体調を崩す危険性のある生活をしてまでする節約とは一体どんな意味があるのでしょうか?

自分や家族の為にしている節約のはずが当人たちを苦しめる行為になってしまっては本末転倒です。

『それは節約とは言わない!やり過ぎ節約術5選』

大都会とまではいかなくても、食材や日用品が買えるお店が近くにあったりバスや電車などの公共交通機関が整っているのなら車を手放すのも一つの節約法です。

しかし、近くにスーパーも病院もなく最寄りのバス停まで片道30分、あたり一面田んぼや畑というような田舎暮らしでは車を手放す方がむしろ死活問題。
車がないことで不便に感じることが増えると逆にそれが負担となって結果的にストレスに繋がります

また、途中で挫折してしまって達成できなかったことへの罪悪感から余計にストレスが生じやすくなってしまいます

例え維持費がかかったとしても、必要であるものを必要経費として割り切ることがストレスなく節約を続けていく為には必要

まずは家計の全体をしっかり把握した上で無理せずできる目標を設定することが大切です(^^)

 

ストレスなく我慢せず節約する方法その③
自分へのご褒美を一つだけ作る

まずは自分にとっての癒しやストレス発散になるものを一つだけ決めて下さい。

例えば

  • 週末に飲む一杯
  • 大好きなアーティストのコンサート
  • 眺めているだけで癒されるコスメ

といった『普段よりもちょっと贅沢』なものを頑張った自分へのご褒美として設定します。

もちろん何でもOKというわけではなく、節約中の身ですからそのご褒美にも金額の上限は必要です。
世帯収入によって多少のバラつきはあるにしても、一般的な年収のサラリーマン世帯であれば月3,000円~5,000円が妥当かと思います。

そんなお金があるなら貯金に回したいと思う人もいるかもしれませんが、それが結局『我慢をしている』ことになってストレスの原因になっていませんか?

自分の欲求にブレーキをかけて我慢しているからこそストレスに感じて辛くなっているのではないでしょうか。

ガソリンがないと車は走ることができないように、人間だって頑張る活力となる何かがなければなかなか意欲が湧かないもの。

「〇〇をすれば△△ができる!」と思えば自然と楽しくなれるはず。

我慢しすぎないよう発散方法を見つけることも節約を続けていくには必要です(^^)

一方、それっぽっちの金額じゃ全然ご褒美にならないよ!という人は比較的浪費グセが強めなタイプかと思われるので、また違った方法が必要になってきます。

『浪費グセが治らなくても節約せず貯金ができる4つの方法』

 

まとめ

以上、ストレスなく我慢せず節約する方法についてでした!

『節約は我慢ばかりで辛い』という認識を少しでも払拭できればと思い紹介しました。

節約中だからといって娯楽を一切楽しんではいけないという決まりはありませんし、条件と上限をちゃんと決めればむしろ頑張るエネルギーとなって楽しく節約することができますよ♪

参考になれば幸いです(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

【アドセンス】

【アドセンス】

-困りごと, 節約のあれこれ, 節約の基本

Copyright© 30代主婦の節約×美容Dairy , 2019 All Rights Reserved.