30代主婦の節約×美容Dairy

コスメやスキンケアのおすすめ情報、日常生活における節約術などを発信しています(^^)

困りごと 節約のあれこれ 食費の節約術

期限内に使い切れない!食材を無駄にせず上手く使い切る7つのコツ

投稿日:2017年8月18日 更新日:

f:id:kashikochan:20170818105946j:plain

食材を期限内に使い切ることってなかなか難しいですよね。

残業や急な予定が入ったり、ご近所さんや親戚からの思わぬ頂きもので消費が追いつかず、せっかく買っていた食材を腐らせてしまった・・・という経験のある人もいるのではないでしょうか?

特に一人暮らしの人は消費ペースが遅いので食材を無駄にしてしまいがち。

新米主婦さんも毎日の献立を考えるのに精一杯で、余った食材をどう使い切ったらいいのか分からない、という人もいるかと思います。

せっかく買ってきた食材ですから、期限内に最後まで使い切りたいですよね。

そこで今回は

『食材を無駄にせず期限内に上手く使い切るコツ』

について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

【アドセンス】

食材を無駄にせず期限内に上手く使い切るコツ
その①買いすぎない

これはもう基本中の基本ですね。

安売りされているとついついたくさん買ってしまいたくなりますが、結局消費できなければ意味がありません。

例えどんなに激安だったとしても、期限内に消費できる分だけ買うようにしましょう(^^)

『節約できない人の特徴とは?買いすぎない為の5つのコツ』

 

食材を無駄にせず期限内に上手く使い切るコツ
その②冷凍保存を有効活用する

冷凍すれば長期保存が可能になり、使う予定のある時だけ解凍すればいいので無駄になりにくくなります。

最近の冷蔵庫はかなり進化しているので大抵のものは冷凍できますが、食材によっては食感や風味が落ちてしまうものもあるので保存方法は使い分けましょう。

まとめ買いしてすぐには使わず冷凍できる食材は、買ってきた当日中(鮮度が良いうち)に冷凍保存するようにするのが◎。
冷凍保存の仕方をほんの少し工夫するだけで料理がとっても楽になりますよ♪

『食費を節約するなら自炊!疲れていても料理が苦にならない5つの方法』

 

食材を無駄にせず期限内に上手く使い切るコツ
その③鮮度が保たれる保存の仕方をする

冷凍保存ができない食材は冷蔵保存になる為、時間の経過と共に鮮度も落ちていきます。

消費期限が長いほど使い切りやすくなるので、鮮度が落ちるスピードをなるべく最小限に抑える為に食材にあった保存の仕方をすることが大切です。

冷凍できない食材の中でも特に多いのが野菜。
野菜は水分を多く含んでいるものが多い為、基本的に冷凍保存には向きません。(一部冷凍できる野菜もあります)

野菜の基本的な保存方法は

  • 育った状態の向きにする
  • 水分を逃がさない
  • 野菜に適した温度で保存する

キャベツなら芯を下に、キュウリやナスなら縦向きに保存することで、野菜自身の余分なエネルギーを使わせず鮮度を保つことができます

野菜にとって乾燥は最も鮮度が落ちやすい原因ですから、水分を逃がさないようラップやジッパー付きの袋で冷蔵保存するのがベスト。

野菜の種類によっては冷やすよりも日の当たらない風通しの良い場所での保存が適しているものもあるので、冷蔵庫と冷暗所のどちらが適しているのかを確かめて保存するようにしましょう(^^)

 

食材を無駄にせず期限内に上手く使い切るコツ
その④冷蔵庫内を整理整頓する

冷蔵庫内がグチャグチャだと何がどこにあるのか分からず、在庫がまだあるのにまた買ってしまったり、消費期限が迫っていることにも気付きにくくなってしまいます。

整理整頓が苦手という人は、それぞれの定位置を決めましょう
定位置を決めることで物が迷子にならず在庫管理がしやすくなります(^^)

私の場合はスッキリ収納する為に便利な保存容器を愛用しています♪

『作り置きおかずの保存に最適!本当に使えるおすすめ保存容器』

 

食材を無駄にせず期限内に上手く使い切るコツ
その⑤消費期限の迫った食材は目のつきやすい場所に保存する

早めに使わなければいけない食材が奥にあると、存在を忘れて気付いた頃には消費期限が過ぎていた・・・なんてことになりがち。

消費期限が迫っているものや使いかけなど、早く消費したいものを目のつきやすい場所に保存しておけば使い忘れの心配がありません

冷蔵庫を開けた瞬間目に入るよう、できるだけ手前(ちょうど目の高さになる中段くらいがベスト)に保存しておきましょう(^^)

 

食材を無駄にせず期限内に上手く使い切るコツ
その⑥具材を選ばないレシピをもっておく

例えば

  • 野菜スープ
  • 焼きそば

和・洋・中とどのジャンルにも味付けが可能なメニューは色々な具材を使えます

具材を選ばないということは、消費期限の迫ったものや使いかけなどを一気に消費するチャンス。

メニューに具材を合わせるのではなく、具材からメニューを考えることが食材を無駄にしないコツです。

食材が余りがちという人は週に一度、冷蔵庫内の余った食材で料理する『使い切り日』を設けて具材を選ばないレシピを作ってみてください。

買い物に行かず(お金を使わず)に済み冷蔵庫内も片付くので一石二鳥です(^O^)/

 

食材を無駄にせず期限内に上手く使い切るコツ
その⑦あるもので代用する

使いかけの余った食材がなかなか使い切れないという人はおそらく、レシピを忠実に守っている新米主婦さんに多いのではないでしょうか?

何も一から十まで全くレシピ通りに作る必要はないんです。

カレーで言えば、牛肉がなければ鶏肉を使ってもいいわけですし、ニンジンやジャガイモがなければナスやカボチャを代わりに入れたっていいわけです。

『あるもので代用する』ことも食材を無駄にしない為には大切な方法です(^^)

 

まとめ

以上、食材を無駄にせず期限内に使い切るコツについてでした!

一見難しく思えますが、コツを掴めば誰でも簡単にできるようになります(^^)v

参考になれば幸いです(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

【アドセンス】

【アドセンス】

-困りごと, 節約のあれこれ, 食費の節約術

Copyright© 30代主婦の節約×美容Dairy , 2018 All Rights Reserved.