30代主婦の節約×美容Dairy

コスメやスキンケアのおすすめ情報、日常生活における節約術などを発信しています(^^)

ガス代の節約術 水道代の節約術 節約のあれこれ 電気代の節約術 食費の節約術

時短で節約!おかず4品をたった20分で作る料理のコツ6つ

投稿日:2017年8月19日 更新日:

f:id:kashikochan:20170819104901j:plain

栄養バランスのとれた食事といえば『一汁三菜』
お味噌汁やスープなどの汁物にメインおかず、サラダと副菜というメニューが理想的ですよね。

自炊をすれば食費の節約にもなります。

とはいえ、毎日の仕事や育児に追われてヘトヘトで気力はほぼ限界。
なんとか料理らしい料理(?)を完成させることだけで精一杯・・・という人も多いのではないでしょうか?

そんな忙しい日々を送っている中でも、あるコツを掴めばたった20分で理想的な食事を作ることができるんです!

体が疲れているからこそ、料理に時間をかけず栄養もしっかり補給しておきたいところ。

というわけで今回は

『時短で節約!おかず4品をたった20分で作る料理のコツ』

について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

【アドセンス】

時短で節約!おかず4品をたった20分で作る料理のコツその①
時間や手間のかかるものから取りかかる

例えば

  • 食材に下味をつけて馴染ませる
  • お湯を沸かす
  • お米を炊く

食材に味が馴染むまで、お湯が沸くまでにはある程度の時間がかかりますよね。

お米を炊くのなんて炊飯器があればスイッチ一つで仕上がりを待つだけ。
その間にテーブルに食器を並べたり食材をカットしたりと他の作業ができます。

料理を短時間で仕上げるコツは同時進行
複数の作業を同時に行なっていく手際の良さがポイントです(^^)

 

時短で節約!おかず4品をたった20分で作る料理のコツその②
野菜は事前にカットしておく

料理で時間のかかる作業といえば食材のカット。
疲れている中、包丁とまな板を出してカットするのは意外と手間ですよね。

時間のある時にまとめてカットしてタッパーやジッパー付きの袋に保存しておけば、使いたい時にそのまますぐ使えるのでとっても便利です。

ただし、水分の多い野菜は空気に触れる断面が多いほど傷みが早くなってしまうので注意が必要。

野菜の種類や状態に応じて判断しつつ、3~4日で使い切れる分のカットをしておくと手間が省けて楽になります。

料理を短時間で仕上げるコツはどれだけ事前準備ができているか
調理がスムーズにできるよう逆算して準備しておくことがポイントです(^^)

『食費を節約するなら自炊!疲れていても料理が苦にならない5つの方法』

 

時短で節約!おかず4品をたった20分で作る料理のコツその③
食材は火が通りやすい大きさにカットする

食材は火が通りやすいようになるべく薄く小さくカットしましょう。
大きいとなかなか火が通らず、時間もガス代(IHの場合は電気代)も余分にかかってしまいます。

料理を短時間で仕上げるコツは所要時間を最短に抑えること。
一品一品にかかる時間を短縮するワザを身に付けることがポイントです(^^)

 

時短で節約!おかず4品をたった20分で作る料理のコツその④
他の家電製品や時短調理器具を活用する

例えばポテトサラダを作る時。
お湯を沸かしてジャガイモを茹でていませんか?

筑前煮やカレーなどの煮込み料理を作る時。
カットした具材をそのまま鍋に入れていませんか?

茹でたり煮込んだりといった水を多く使う調理法は具材に火が通る前にまず水に熱が奪われる為、全体的に時間がかかってしまいます。

耐熱ボールやシリコンスチーマーなどを使えば、電子レンジで簡単に火を通すことができ、形が崩れにくいので見映えも良くなります。

圧力鍋も時短には便利なアイテム。
高い圧力をかけることで短時間で水の温度を上昇させることができるので、煮込み料理に最適な調理器具です。

値段はメーカーやブランドによってピンキリ。
全体的に高めではありますが、日々の手間や光熱費のランニングコストを考えると使い方次第では良い投資になると個人的には思います。

料理を短時間で仕上げるコツは効率
効率を考えて調理していくことがポイントです(^^)

 

時短で節約!おかず4品をたった20分で作る料理のコツその⑤
洗い物や片付けは『ついで』にやる

使った調理器具の洗い物、油ハネや生ゴミなどで調理中のキッチンは汚れがち。

ですが調理の手を止めて片付けに専念してしまうのはNG
片付けに集中してしまっては調理が進まず余計に時間がかかってしまいます。

洗い物や片付けはあくまで『ついで』にやりましょう。

例えば

  • 手が油で汚れてしまったから洗う『ついで』に
  • 調理中のものから目が離せず待っている『ついで』に

といったタイミングでやるのが効率的。

これは『その①』でも触れた同時進行のコツにも当てはまりますね。

汚れが気になるという人もいるかもしれませんが、調理中は何かと散らかるもの。
そこはグッと堪えて割り切りましょう。

料理を短時間で仕上げるコツは優先順位の把握
今は何を優先すべきなのかを考えながら行動することがポイントです(^^)

 

時短で節約!おかず4品をたった20分で作る料理のコツその⑥
副菜はほぼ盛り付けるだけにする

常備菜(作り置きおかず)を作っておけば盛り付けるだけ。

浅漬けなどの漬物も箸休めの美味しい副菜になりますし、ひじきや切り干し大根などのお惣菜は日持ちもするのでオススメの常備菜です。

その他だと、豆腐や納豆。
薬味を加えるだけなので簡単に一品が完成します。

サラダも事前にキュウリをカットしておけば、あとはレタスをちぎってお皿に盛り付けて、プチトマトやコーンなどを添えれば5分もかからないでしょう。

お湯を沸かしたりメインおかずを調理している間に同時進行で作ることで時短になります。

料理を短時間で仕上げるコツは調理の工程を少なくすること。
手間のかからない簡単レシピも取り入れることがポイントです(^^)

 

まとめ

以上、時短で節約する料理のコツについてでした!

コツさえ掴めば、あとは慣れでどんどん手際が良くなっていくはず。

料理に時間がかかって悩んでいる人の参考になれば幸いです(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

【アドセンス】

【アドセンス】

-ガス代の節約術, 水道代の節約術, 節約のあれこれ, 電気代の節約術, 食費の節約術

Copyright© 30代主婦の節約×美容Dairy , 2018 All Rights Reserved.